汗と臭いを抑える力を持つテサランは足汗対策にも効果あり

エクリン腺が集中する足の汗の対策にも使えるテサラン

体の各部位の中でも足の裏というのは特に汗をかきやすい箇所で、1日当たりの発汗量はコップ1杯に相当するという説まであるくらいです。それもそのはず、足の裏は「小汗腺」ことエクリン腺が特に多く集まっている箇所であり、その数は背中や胸部にあるエクリン腺のおよそ10倍にも上ると言われているのです。

 

表面積の上では背中などより狭いことを考えると、如何に足の裏に汗腺が集中しているかが分かるでしょう。

 

エクリン腺は運動や気温が高くなった時に体温の上昇を防ぐため汗を出し、緊張やストレスなど精神的な刺激を受けた際にも発汗します。つまり前者は体温調節機能としての意味を持つ発汗で、これを温熱性発汗と言います。また後者は交感神経が反応して発汗する現象で、精神性発汗と呼んでいます。

 

 

足の裏の汗が多い人は苦労も多い

 

こうしたこともあり、足の汗の量が多い人は何かと苦労しているようです。例えば他人の家を訪問する時はまず玄関で足の汗を拭き取ってから別の靴下に履き替え、更に必ずスリッパを履いて家に上がるという人もいます。そうしないと足跡が残ってしまうからなのですが、ここまで気を配ってもまだ「後でスリッパが臭くなってしまうんじゃないか?」と気が気でないのだとか。自分の家にいる時でさえスリッパを手放せないのだと言います。

 

そこで制汗剤の出番となるはずなのですが、これが意外と面倒なのです。例えばスプレー式の制汗剤だと皮膚の上では液状に変化して濡れてしまうので、すぐに靴下を履いたり、立ち上がることさえ出来ず、乾くまで待たなくてはなりません。また上手くスプレーしないと、つけたい部分につけられず的を外してしまうこともあります。

 

これがロールオン式の製品なら的を外すことはないのですが、ボールが直に足の裏に触れるので、衛生面で不安だと感じる人もいるようです。

 

足専用の制汗剤もありますが、汗っかきな人というのは他にも手や腋、背中などのケアもしなくてはなりません。これら体の各部位別に制汗剤を揃えるのでは不経済ですし、使い分けるのも煩わしいでしょう。

 

どうして足が臭うのか

 

更に発汗量が多いということの他に、足の汗には臭いの問題も伴います。むしろ臭いの方が汗の量より気になるくらいかもしれませんね。

 

汗の臭いと言うと腋臭がよく知られていますが、足の裏の臭いはこの腋臭とは少し性質が違うのです。同じ汗でも腋臭はアポクリン腺から出る汗が問題となりますが、既に触れた通り足の裏にはエクリン腺が集中しています。一方でアポクリン腺はさほど多くはないため、腋臭などとは違った対策が求められます。

 

またアポクリン腺からの汗は元々臭いが付いているのに対し、エクリン腺からでる汗自体はあまり臭わないとされています。それでも足の裏が臭ってしまうのは、エクリン腺から分泌された汗が皮膚の常在菌の活動よって分解される過程で臭いの元となる脂肪酸を作り出しまうためです。臭いを抑えるには常在菌の活動を抑えれば良さそうに思えますが、実際にはそれとは逆に足の裏というのは菌が生息しやすい条件が揃った場所になっているのです。

 

まず新陳代謝によって排出された皮膚の垢や角質などが出るため、これらが常在菌の栄養分となってしまいす。また日頃から靴下を着けた上に靴を履く現代人の足というのは汗の水分と体温で蒸れやすく、菌にとっては格好の棲み処となる訳です。このように養分も水分も温度も揃った環境の中で、菌が臭いの元を作り出しているのが足の裏、ということなんですね。

 

手汗用の制汗剤、テサランが足の汗対策にもおススメである理由

 

ですから足の汗に悩む人は、この「発汗量」と「臭い」の2つの課題をクリアする必要があります。

 

この2つの課題を克服するのに有効な成分を配合している制汗剤こそが、Global Style Japanが販売している制汗基礎クリーム「テサラン」なのです。テサランの主要な含有成分は、クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノールの2つとされています。このうちクロルヒドロキシアルミニウムには収斂作用があり、エクリン汗腺を引き締めて発汗量を抑える効果があるとされ、一方のイソプロピルメチルフェノールには殺菌力があり、常在菌の増殖と臭いの発生を防ぐ力があるのです。

 

この2つの主要成分の他にもテサランにはツボクサエキス、カキタンニン、チャエキスといった植物由来の成分が豊富に配合されており、同じ配合成分であるエタノールと共に臭いや菌の増殖を防ぐ効果が期待できます。

 

そもそもテサランは手汗用の制汗剤として開発された経緯があるのですが、これらの成分は足の汗やその臭いの対策としても大いに役立ちます。またクリーム状であるという点も足のケアに向いていると言えるでしょう。つまり使う分だけチューブから絞り出して塗るため、直塗りロールオン式より衛生的ですし、つけた直後に肌もサラッとしてくるので、ストッキングや靴下もすぐに履けます。またスプレー式のように使いたい部分に思うように塗布できなかったり、乾くまで待たされることもないので、使い勝手は良いはずです。

 

「足の汗にもテサラン」と言うと少し意外かもしれませんが、手の汗も足の汗もエクリン腺から分泌されるという点では同じなんですね。また腋の汗にも対応できるので、テサランさえあれば他の部位ごとに専用の制汗剤を買い揃える必要はないでしょう。