含有成分は肌に優しく、子供にも安全

制汗剤のテサランに炎症などの肌トラブルのリスクはないのか?

手汗の悩みを抱えている人は少なくありませんが、その対策として制汗剤を使おうと思っても、中には痒みや炎症を起こす人もいます。そうした制汗剤での肌トラブルの原因として考えられるのが、含有成分の塩化アルミニウムです。この塩化アルミニウムという物質は強い制汗効果があるため、多くの制汗剤に配合されているのですが、一方で人体に悪い影響を及ぼすことも指摘されています。

 

 

もっとも制汗剤の中に入っているのは、人体に害がないレベルとされる10%程度の濃度にまで薄めた塩化アルミニウムなので、普通に使用している限り、副作用等がおきる心配はないとされています。それでも肌のデリケートな人だと稀に反応してしまうこともあるため、安全上の理由から使用を疑問視する声も少なくありません。

 

テサランで使われている有効成分は何か?

 

同じ制汗剤でも使う人の肌のことも考えて作られたテサランは、この問題の多い塩化アルミニウムを使用していません。テサランは制汗成分として、より安全性に優れたクロルヒドロキシアルミニウムを使用しているのが特徴です。この成分には収斂効果があり、汗腺を引き締めて汗が出るのを抑えることができます。

 

更に菌の繁殖を防ぐため、テサランは高い殺菌作用を持つイソプロピルメチルフェノールも加えました。この他にも植物由来の美肌成分や保湿成分など、肌を労わる成分が含まれているのも嬉しい話ではないでしょうか。

 

確かに市販品を探せば、もっと安い1,000円未満で売られている制汗剤などもあります。しかし、こうした廉価な製品には制汗成分くらいしか配合されておらず、テサランのように肌に潤いを与えるなどプラスαの効果を期待することは出来ません。

 

それよりもテサランを選べば、肌を労わる機能も併せ持つ制汗剤として使い続けることが出来るでしょう。

 

テサランが安全だと言えるこれだけの根拠

 

一方でテサランの有効成分であるクロルヒドロキシアルミニウムは、塩化アルミニウムより汗を抑える効果が劣るという指摘があるのも事実です。しかし人の肌に直接塗るものである以上、制汗作用の強さよりも健康への影響を第一に考えるべきではないでしょうか。

 

テサランに使われている成分は、お子さんにも問題なく使っていただけるような優しいもので、皮膚アレルギー試験で安全性も確認されています。そのため炎症などのトラブルが発生したり、副作用が起きるリスクは非常に低いと思われます。但し、特に肌がデリケートな人が使用する場合には、問題がないことを事前に確かめるためにも、改めてご自身でパッチテストを実施した方が安心でしょう。

 

テサランはまた管理体制の行き届いた工場で製造されているため、衛生面等での品質管理も万全で、その意味においても信頼性の高い製品だと判断できます。それでも肌に合わないことがあれば返品にも応じてもらえるので、気軽に試せるのではないでしょうか。

 

万が一、テサランの使用中に皮膚に異常が現れた場合、そのまま使用を続けると症状が悪化する恐れがあるので、直ちに中止して下さい。暫く経っても症状が回復しないようであれば、専門医の診察を受けるようお勧めします。