肌への負担の少ないクロルヒドロキシアルミニウムで、汗を優しく抑える

テサランは塩化アルミニウムを使わずに、どうやって汗を抑えているのか?

「すぐに汗で手がベトベトになってしまう...」という人いませんか?

 

汗を出しているのは肌の汗腺という部分です。ただ一口に汗腺と言っても、アポクリン腺とエクリン腺の2種類の汗腺があり、手の汗はこのうちのエクリン腺から出ています。その汗にも緊張した時のように交感神経が反応した際に出る精神性発汗や、体温を一定に保つために分泌される温熱性発汗といった種類があり、後者は体温の調節に重要な機能を果たしています。

 

しかし発汗量が多すぎるのも厄介なもの。それを抑えるために制汗剤を用いている人も多いはずですが、ここではその制汗剤に含まれる成分について少し考えてみたいと思います。

 

 

塩化アルミニウムの作用について

 

多くの制汗剤には、蛋白質と結びつくと結晶化する塩化アルミニウムという物質が使われています。これを汗を抑える成分として制汗剤に入れる目的は、蛋白質を含んだ汗と塩化アルミニウムとの間で結晶を作り出し、それで汗腺を塞ぐことにあります。

 

実際に汗を抑える効果も高いことから、塩化アルミニウムを使っていない制汗剤があると聞くと「それで本当に大丈夫?」と効果を疑問視する声が出る程です。後ほど紹介するテサランもそうした塩化アルミニウムを使用していない制汗剤ですが、その前に塩化アルミニウムの有害性についても触れておきたいと思います。

 

健康へのリスクがある塩化アルミニウム

 

晶出によって汗腺に蓋をし、汗が出るのを防いでくれる塩化アルミニウムも、実は成分判定では人体に悪影響をもたらすことが明らかにされています。現にこの成分が入った制汗剤を使用したら、痒みが出たとか肌荒れを起こしたといった苦情やトラブルが数多く発生している上、更には湿疹、蕁麻疹、炎症等を誘発する危険性まで指摘されているのです。ですから皮膚の健康のことを考えれば、塩化アルミニウムの入った制汗剤というのは決して好ましくありません。しかし日頃から手の汗に悩まされている人にとって制汗剤は必需品。そこで体に負担を掛けずに汗対策をしたい人にお薦めしたいのが、塩化アルミニウム不使用のテサランです。

 

肌に優しいクロルヒドロキシアルミニウム

 

テサランは汗を抑えるための成分として、クロルヒドロキシアルミニウムを配合しているのが特徴です。収斂作用を持つこの成分を手につけると、エクリン腺を収縮させ、その上からコーティングをして汗が出るのを防いでくれます。

 

テサランが制汗成分としてこのクロルヒドロキシアルミニウムを採用したのは、塩化アルミニウムより刺激性が小さく肌にも優しいためです。しかし、汗を抑える効果に関しては塩化アルミニウムの方が幾分とは言え勝っているのは確かなので、リスクを取ってでも確実に汗を抑えたいというのなら塩化アルミニウム入りの制汗剤を使う選択肢もあるかもしれません。

 

一方、炎症や痒みといったリスクをできるだけ回避しながら汗が出るのを防ぎたいのであれば、テサランのような製品が適しているでしょう。